わたくし、これから暴れます。in Russia


ロシア留学生の日常
by glbee

最後のロシア

更新をしないまま、いつの間にか日本に帰ってきました。笑
いろいろな人が見てくれていたようなので、少しその後の出来事を報告します。

まず、ロシアから。
モスクワは夏になった。
モスクワの夏は、地上の楽園のごとく最高で、冬を越えたロシア人たちは、精神的タガが外れ、財布の紐はゆるみ、ウォッカはビールに、道ではバイクが暴走しまくる。
そうやって、みんなバカになる。とんでもないバカになる。
本当に見てて分かるくらい、硬く引き締まった顔が、しまりなく弛緩した表情になってて、気持ち悪いやら、楽しいやらで、昼間はピクニックと称して飲みに出かける。
特に白夜というのは厄介。遊び終わるタイミングが計れなくなるからだ。
仕事や学校が終わってから飲みに出かける人々。

1杯飲み、休息。
2杯飲み、団欒。
3杯飲み、談笑。
4杯飲み、下ネタ。
5杯飲み、爆笑。
6杯飲み、悪口。
7杯飲み、喧嘩。
8杯飲み、乱闘。
9杯飲み、融和。
10杯目飲み、勘定。
金額を見て、喧嘩。

全く終わる気配がしない・・・
それもそのはずだ。俺がいた6月で日が落ちるのは10時。
感覚としてはずっと夕方。というわけで、ひたすら飲みまくる。
帰りは誰かかれかまわず、絡みまくる。
道では衝突事故。
混沌と平和と馬鹿笑いが混じるモスクワの夏。
本当に最高だった。


そして、帰国。
帰国間際、勉強で死ぬほど忙しかった。
僕は交換留学。つまり留学先で取った単位を本学の単位に変換できるし、留年せずにすむ。
僕の場合、ゼミの関係でどうしても専門の単位が4単位分必要だった。
専門は国際政治。
ロシア語で国際政治の専門用語を駆使しながら、国際関係について講義を受ける。
全くもって、ちんぷんかんぷんである。
しかし、問題は試験。
学期末試験はもちろんロシア語で行われる記述式のペーパーテスト。
どうしようもないので、先生に直談判しに行った。
「ムリなんで、レポートにしてください。」
なんとOKが出た。
しかし、テーマは難解、枚数は7枚以上、参考文献は3冊。
というわけで、2週間缶詰になった。
まずは、参考文献を読み、テーマを理解する。
その後草稿を練り、いざ書き始める。
そのときは、死に物狂いだった。
飯は1日1食で、後はレッドブルを大量に買ってきて、眠くなったら飲みまくっていた。
おかげでタバコの本数も見る見る増え、寮監にばれないようドアは2重に鍵をして、つっかえぼうを用意した。
そんなこんなで、何とか書き上げ提出。
嬉しいことに、そのペーパーを先生は褒めてくれ、95%、Aをくれた。
何事もやってみるもんである。


というわけでミッションコンプリートで残すは無事に帰国するだけ。
最後はみんなに気持ちよく挨拶して、立ち去った。
ヘンリーの帰国や父親の訪問など、様々な珍事があったが、それは気が向いたらおいおい話すこととして。
とにかく今はすっかり日本に落ち着いて就職活動をしている。

モスクワの思い出は、思い出そうとしてもなかなかパッとは浮かばないが、風化したわけではない。
確かに、あのときの必死さや、辛さ、その時に突き詰めて考えたことは今ではもうないけれど、
ふとした瞬間にふっと湧いてくる。
例えば、よく向こうで聴いていたclammbonの曲を聴くと、
毎晩ヘンリーとタバコを吸いに出たバルコニーからの光景が目に浮かぶし、においや感覚も戻る。
そうやって唐突に思い出に揺さぶられると、なぜだか胸がいっぱいになってしまう。
モスクワにいたころは、物理的な距離をそこまで感じなかったが、今になるとその遠さがよく分かる気がするのだ。

1年間の歳月とそれを支えてくれたすべての人に感謝しながら、
次になにが起こるんだろうと今は期待でいっぱいである。
ロシアへ愛をこめて。

P.S.
結局酒には強くならなかった笑
[PR]
by glbee | 2011-09-03 02:09 | 生活
日本の形 >>


カテゴリ
全体
生活




未分類
以前の記事
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最後のロシア
at 2011-09-03 02:09
日本の形
at 2011-04-27 07:45
ピーバ
at 2011-04-19 06:11
ウォッカパーティー
at 2011-04-18 22:55
帰露
at 2011-02-16 17:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧