わたくし、これから暴れます。in Russia


ロシア留学生の日常
by glbee

カテゴリ:学( 4 )

言葉と文化

ロシア語を勉強してて思うが、言語とは不思議なものだ。
日常で何気なく使っている言葉の裏には、それぞれの文化、歴史が隠れてる。

当たり前だと言うかもしれないが、
日本語と英語を知っているだけじゃ、ここまで好奇心湧くことはないだろう。

例えば、「行く」。
英語 go
ロシア語 идти、ехать、ходить、ездить

英語と日本語には1つしかない「行く」でも、
ロシア語には4つの「行く」がある。

идти (片道、徒歩で)行く
ехать (片道、乗り物で)行く
ходить (往復、徒歩で)行く
ездить (往復、乗り物で)行く

その他にも事細かに意味があるが、大まかに言うとこんな感じだ。
ちなみにcomeではない。それはまた違う単語がいろいろある。
またидти、ходитьはwalkとも言えるが、もっと広義だ。
そして他に漠然と「行く」といった単語はない。
やはり、4つの「行く」である。

不思議だ・・・
まず、なぜ徒歩と乗り物という区別をつける背景になったのか。
ここからは俺の推測だが、

ロシアは昔から、有り余る土地を抱えていた。
また、冬は知っての通りクソ寒い。
人々の住み分けによって、移動手段、移動距離が異なっていただろう。
つまり、金持ちは馬車に乗って、一般民は徒歩で移動したと推測される。
これは別に、ロシアに限った話しではないが、
この国の地理的状況から、その違いの意味する事がことのほか重要だったのではないだろうか。
馬車に乗って移動するならば、凍え死ぬことはない。また、長い距離移動できる。
しかし、徒歩では、少しの距離しか動くことができないし、途中で凍死してもおかしくない。
つまり、「移動する」という意味が階層によって異なったのではないだろうか。
そして、実際に貴族たち金持ちが使う「行く」と、一般民たちが使う「行く」は、単語そのものが違っていたかもしれない。

片道と往復についても、
広大な土地での移動が、すぐに帰ることのできる移動か、またはそうでないものかによって区別されたのかもしれない。
一旦動いたら、なかなか帰ってこれない、そんな状況は容易に想像できる。

これは、あくまで俺の勝手な推測で、このことに関しては恐らく学者が研究し尽くしていることだろう。
だから、全然的外れなことを言ってるかも。

でも、こんな風に言葉の意味やそれが持つ背景を考えるのは楽しくてたまらない。
他言語には「なぜ?」というルールがたくさん存在する。
その一つ一つに出くわすたびに、ジュワジュワと好奇心が沸いてくる。
そこには、必ず歴史的背景があるはず!
軽くヒストリアンになった気分。
これも悪くない。
[PR]
by glbee | 2010-10-15 08:51 |

せみ。

どわ!
ゼミ受かった・・・笑

正直期待してなかった。
納家先生という人。
先生の講義を聴き、興味をもって受けてみた。
国際政治学の世界ではキレ者として有名らしい。

確かに、俺が提出したモチベーションレターに関してバシバシと的確に突っ込まれた。
その時は、できる限り正直に語ったが、反応はしょっぱかったな・・・

しかし、今見たら受かってたよ。おい。
やったぜ。
[PR]
by glbee | 2010-06-22 23:49 |

勉強ね~。

カテキョ先の子が、大学受験の参考書を、どっかのゴミ捨て場からごちゃまんと拾ってきた。

で、俺も数学の参考書だけもらってきた。

それからというもの、暇つぶしに数学をやることにしたが、これがなかなか楽しい。
何が楽しいかって、以前の所持者が書き込んだ間違えた答えを見つけること。
結構間違えてる。

どうやら計算ミスが多い子だったみたい。「ミスをなくすためには・・・」とか書いてあって、
健気だなーと思ってしまう。
全部合ってたりすると、そのページは、やたらとでかい花丸をつけてる。
いい性格してる。

参考書、俺は全部捨てたが、使い込んだやつとか取っておけばよかったかなっと思った。

教えてると気づくけど、勉強って楽しいんだろうね。

そんなわけで、最近、ロシア語の勉強と数学の勉強始めました。
がんばります。
[PR]
by glbee | 2010-04-25 01:32 |

久々に学校にいった。

そろそろ行かないと、と思いはや一週間。
サボりにサボった。

そして今日・・・

案の定、遅刻はしたが、無事ロシア語の授業を受けました。

学校久しぶりだったが、いつも駐車するクリエイトに覚える申し訳なさが懐かしかった。
すまそ。今度、なんか買いに行きます。

話は変わるが、親父が65歳になりました。
兄貴が就職決まりました。(なかなかいい企業)
来年帰ってきたら、兄貴と二人暮らしする予定。
親父はもうそのころ、退職だからふら~っと遊びに来るんだろうな。
なんだか、これからの自分の身の周りにおきる変化を思うと、楽しみで仕方がありません。

ロシア語勉強しなきゃ。
ロシアまで、あと4ヶ月。
[PR]
by glbee | 2010-04-17 04:45 |


カテゴリ
全体
生活




未分類
以前の記事
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最後のロシア
at 2011-09-03 02:09
日本の形
at 2011-04-27 07:45
ピーバ
at 2011-04-19 06:11
ウォッカパーティー
at 2011-04-18 22:55
帰露
at 2011-02-16 17:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧