わたくし、これから暴れます。in Russia


ロシア留学生の日常
by glbee

カテゴリ:露( 22 )

あれまあれまといううちに、真っ白になりました。
f0238939_2192192.jpg



10月に降るとは聞いていたが、いよいよ冬の到来を感じるぜ。

そして、来週スキーしに行くぜ。

そして、今風邪をひいているぜ。
[PR]
by glbee | 2010-10-29 21:14 |

日本経済。 ソフトパワーは侮れぬ。 マネージングとマーケティング

俺は思うが、不景気だ不景気だと騒いでいても、
日本製品はとてもなく根強い。

街には、トヨタ、ホンダ、マツダ、日産、スズキと至る所で日本車が行き交い、
道角を曲がれば、スシという看板が目に飛び込んでくる。
電子機器は日本産だし、パソコンも東芝を使ってるやつが多い。

1ドルが80円ギリギリの状況でこれである。
確かに、しばらくは様々な企業が赤字になるのはどうしようもないのだろうが、
日本製品の価値は世界的に普遍なんじゃないだろうか。
あとは、マネージメントとマーケティングの問題であるような気がする。


その中でも、ソフトパワーは日本経済を誘引するんではないかと、俺は思った。

こないだ、ジェーナ(ロシア人女子)と話していると、驚いた。
彼女はワンピースが大好きらしい。
しかも、その知識が半端じゃない。
俺はついていけなかった。

日本の漫画が好きな、ロシア人は彼女だけじゃなく他にもいたるところにいる。
半居候人のユージンは、けいおん好きのオタクだし、
ガールズハンターのアントンは、デトロイトメタルシティーが好きだ。
日本人だと言うと、「~は知ってるか?」とか「俺マジで~が好きなんだよ。」とか
漫画やアニメの名前を口にされる。
彼らの方が詳しいんじゃないかと思うくらいである。

しかし、いくら彼らが日本語ができようと、完全に翻訳されたものを手に取ろうと、
その理解には限界がある。

ワンピースのゾロの必殺技で「オニギリ」というのがあるらしい。
漢字では「鬼斬り」だろう。恐らく。(間違ってたらごめん)
そして、どこかのシーンでその進化系?「ヤキオニギリ」を彼は披露したらしい。
俺らは、それを聞いて「焼きおにぎり」をイメージし、笑う。
「鬼斬り」と「おにぎり」を、“焼き”という言葉でかけたすばらしいアイディアだ。
しかし、彼らには何がなんだか分からない。
なぜならば、「鬼斬り」も「おにぎり」も「焼きおにぎり」も、知らないしイメージできないからだ。

確かに、その都度注釈をつけて、おにぎり=rice ball、とでも説明すればいいじゃないかと思うかもしれない。
しかし、それでは、そのシーンの瞬間、その時々で、笑うことができないし、楽しむことができない。


漫画一つとっても、それを十分に楽しませるためには、文化そのものの輸出が必要ということだ。


オタクを始め、漫画やアニメが好きな連中のいいところは、自分の好きなことには目がないところだ。
彼らは貪欲で、自分がより楽しむために、いろんな情報を吸収していく。
彼らは、焼きおにぎりを食ってみたいはずだ。

じゃあ、焼きおにぎりの冷凍製品を、輸出すればいいじゃんってそんな簡単な話じゃない。
需要はある。チャンスもある。問題なのはマーケティングとマネージングだ。
冷凍焼きおにぎりを輸出しても、それがどのような消費者をターゲットにしたものなのか、
どのようにその人たちに情報を流すのか、どのように販売すればいいのか、
ということを考えないと、冷凍焼きおにぎりは、冷凍され一度も焼かれることなく、ゴミとなるだけだ。

また、それを機に売れたとしても、それは一時的なものに過ぎないだろう。
その商品を一般的に定着させるには、更に幅広い消費者に売れるものにしなくてはいけない。
現地生産でコストを押さえるのか、ブランド化して利益を得るのか、
現地人の好みにに合わせた味にするのか、日本の味を維持するのか、

それらを考えないと、売れるものも売れない。


ロシアだけでなく、世界には日本製品に対して、確かな信頼と需要がある。
そしてそれらを牽引するのは、意外にもソフトパワーかもしれない。
それを、感じ取って、うまくそこに応えていけるかが、これからの日本経済には重要だと思う。
[PR]
by glbee | 2010-10-26 11:49 |

異教徒のおどり

クラブに行きました。
ロシア人の友達アントンに誘われて、二人でガールズハントに行くことに。
結果から言うと、残念だったが、なかなか楽しい夜だった。

ロシアのクラブは、というかどこのクラブでもそうだと思うんだけど、
死ぬほどうるさい。
それ故、お互いに話し合うときは耳元で怒鳴りあうという、とてつもなく“デリケート”な状況が生まれる。
もはや、飲むしかない。
俺はウォッカを飲み干し、いざなわれるままにダンスホールへ。

まず、目の前で大音量で流れてくる音楽に、目眩がする。
そして、うなるビートに体が震え、ボーっと突っ立ってると、至る所から狙ったかのごとく足を踏まれまくる。
つまり、気にせず踊れ!ということだ。

しょうがねー、踊ったろーじゃねーか!
と踊ること5分。
盛り上がってきた。

流れに乗り踊っていた俺は
いい感じだ、と思った。
・・・が、矢先
9時の方向から100キロ超えの巨漢が体当たりしてきた!

は?
と思い、こっちも体当たりをかます。
すると今度は6時の方向から体当たりを食らう。
何を!と俺も3時の方向にぶち当たる。
すると不思議なことに、12時と8時の方向から体当たりされる。

・・・ぬうぉー
と四方八方にタックルをかましまくる俺。
期待にこたえるように、返ってくるタックル。

素面からしたら、未曾有の地獄絵図だろう。
100キロを超えるいい年のおっさんが、満員電車並みの人ごみの中で、互いにタックルし合ってるのだ。
おっさん連中と押し競饅頭ほどムサイものはない。
しかし、これが楽しいのだから仕方がないだろう!

曲のサビが来るたびに、タックルしまくる俺。
タックルしてくるおっさんたち。
そして、タックルされた勢いでそのまま逆方向へタックルするという奥義を身につけた俺は、
1時間ほど踊っていた。

汗をかきまくって、死ぬほど疲れて帰ってきた俺に、
アントンが一言。
「お前にここ教えないほうがよかったかな。笑」
なんて粋な奴だろうか。

アントン曰く、このタックル踊りは“スクラム”というらしい。ロシアの踊りなんだと。
もはや踊りといっていいのか謎だが、俺は虜になった。
次のクラブでも、漏れなく披露(疲労?)したぜ。

・・・まったく。
これだからロシアってやつは面白い。
[PR]
by glbee | 2010-10-23 12:55 |

火事や!

ここ最近ていたらくだったために、心を入れ替えて、図書館で勉強という生活を始めて早3日。

普通に、寮に帰ってきて、お茶漬け食ってる自分に気付く。
「これが三日坊主か。」と鏡を見ながら、納得。
そのまま、シャワーを浴びる。

ふ~すっきりしたぜ~
と息をついたのもつかの間、激しいノック!

「火事だ!逃げろー」
どすの利いたおばさんの声。

やべー!全裸だし・・・
とりあえずTシャツを着て、その場にあったジーパンをはく。あ、パンツも忘れずはいたよ。ちなみに。
その後、階段をひたすら下りながら、「おい!パスポート忘れたぞ!」と軽くパニック。

しかし、どいつもこいつも、悠長に逃げやがる。
・・・本当に火事か?
3階まで降りたところで、寮長がお出迎え、目の前のやつ普通に握手してる。
挨拶してる場合じゃねーだろと思ったが、案の定・・・

寮長 「訓練だよー、訓練。」

訓練だよーじゃねーぞ!
・・・仕方なくそのまま、外に出る。
さみ!
風呂上りとはいえ、Tシャツ一枚はアホだった。
なぜか皆コート着てるし(笑
その辺のやつからタバコをもらい、待つこと10分・・・

ようやく、訓練終了。
はー、疲れた。
と、気を抜いていると、大学の先輩(一緒に留学してる)を発見。
先輩とそのルームメイトのコーリャ。

コーリャ 「シス!」
と右手を上げながら、挨拶してきた。
先輩 「寿司ね。」

「あー」と納得したが、よく分からん。
そんなことよりも、2人の背中にあるバックパックが気になった。

俺「何すかそれ?」
先輩「一番大事なもの。持って逃げようと思った。」

素早い行動に、感動。俺はパスポートさえ持っていない。
しかし、“一番大切なもの”が気になるぜ。
まあ、見なかったけど。
しかし、俺なら何を持っていくだろうかと考えた。

ぱすぽと
PC
財布
カード
コート
携帯

これくらいなものか・・・
すこしわびしい。
なので、スケッチブックを足すことにした。
あとは辞書とチェスボード。Ipodもね。

これだけあれば、楽しく生きていけるぜ!
しかし、生活していく上で大切なものであって、俺にとって大切なものではない。
そう考えたら、俺は別に持ち出すものなんかないという結論に至った。

部屋に戻ってきて、タバコを作りながら、落ち着いて考えてみた。
それは別に、悪いことじゃないと思った。
俺が大切にするものは、物質的何かではない。
それが何だか今はよく分からない。
けれど、そういうのはこれから作っていけばいいじゃないか。
鬼束ちひろが歌っているように「人生は長いのだろう」し。
そして、この1年が、ひとつの宝物になればいいな。
と思った。


しかし、いざって時、11階って結構不利なのね。
階段が長くて長くて疲れたぜ。
まあ、火災訓練とか久しぶりだったから、なんかワクワクして楽しかったけど。
ところで、永谷園のお茶漬けのもと、もうなくなりそうだよ。
誰か送ってくれ。
[PR]
by glbee | 2010-10-06 23:52 |

雨。

雨だった。
気分が落ちるような。

日本も雨だったみたい。
少し、安心した。

ホームシックなんかじゃない。
ただ、ちょっと懐かしくなっただけだよ。f0238939_449614.jpg

寮からの景色。
[PR]
by glbee | 2010-09-29 04:49 |

チェス!

昨日の夜、行ったバーにチェスボードが置いてあった。
先輩と一緒に2時間ほど興じたが、負けまくり。

帰ってきて、ネットで戦略を勉強すること2時間。
いざ、コンピューターと対戦だ!!

・・・・8時間後

昼になってた・・・笑

そのまま授業に行って、さっき帰ってきたけど、
すぐに始めて、ようやくレベル4のコンピュータに勝ちました!
レベル4だからってなめんなよ。めっちゃつえーぞ。

超眠いけど、はまったら最後。
そのまま、ルームメイトのヘンリーと対戦。圧勝
ちなみにヘンリーはオーストラリア出身の香港人。英国はUCL大学在学、本学派遣留学。
UCLって世界ランキング4位の大学なんだってさ。ふふん。

気分良くなってきたぞ!
ってことで、先輩にリベンジを挑むべく、果たし状を渡してきました。
ぎゃふんと言わせてやるぜ!
[PR]
by glbee | 2010-09-25 21:28 |

The first day in Russia (2)

だー、眠れねー
明日、朝早いのにな。10時だけど笑
てなわけで、後編スタート

<1日目 後編>
エントランスを入ると、ゲージがあって、カウンターのおっさんたちに睨まれるという儀式がある。
俺は洗礼をうけ、英語でまくしたてたら、なんとか入れてもらえた。
一週間いてわかったけど、モスクワは警備が厳しい。
そして、この大学は特に。
今日、教えてもらったけど、政府高官の人が出入りしたり、その息子や娘が通っているらしい。
もちろんそれだけじゃないだろうけど。ちなみにエントランスのおっさんたちは全員軍上がりらしい。
とにかくめんどくさいぜ。

ゲートをくぐり、3階に行けと言われた。
そこに寮の事務所があって、入っていくと、「イポニー?」(日本人)と聞かれた。
「ダー」(YES)
その後、待ってましたという感じで、おっさんが出てきて、こっちに来いと別室に通された。
そこには既に3人の学生。
みんなロシア語で流暢に話していて、面食らう。
まあいいやって感じで、ぶらぶらしてたら、呼び止められた。
「ロシア語わかんねー」
ってロシア語でいったら、
「俺が訳してやるよ。」
と救世主登場。
フランス人のマックス。
寮のガイダンスを受けた。

なぜか、やたらと火災時の説明をしやがる。
パスポートだけ持って逃げろだの、周りに知らせろだの、非常口はそことそことそこにあるだの
そもそも部屋は禁煙だし、危ない電化製品(アイロンとか)使うなっていうルールなのに。
全然信用してないのね。
まあ、NO ALCOHOLとか言われても守るわけないが。笑

その後、部屋に案内してもらって、たどり着いたのは1117号室。11階です。やった!
と思いきや、何もねー。
どんくらい何もなかったかは前々回の記事をよんでね。
部屋に入ったらなぜかメドベージェフのポスターが壁にバンっと張ってあった。笑
メドベージェフに挨拶をすませて、早速ライターを買いに外に出る。

エントランスのおっさんに買い物できる場所しらねーがって聞いたけど、
全くだめ。ロシア語しか通じない。
困ってたら、さっきの事務所のおばちゃん出現。
身振り手振りで連れ出してくれた。
しかし、何を言ってるのか全くわからん。
どうやら、何が欲しいのか聞いているみたいだけど、ロシア語では答えようがないし。
そこにもう一人のメシア到来。
彼の名前聞くのわすれちった。
メシアを介しておばちゃんに軽く食いものが欲しいといい、少し歩く。
メシアとおばちゃんが何やら話している。
メシア「どうやらこのおばちゃんお前のこと好きみたいよ。笑」
そう言ってメシアはバスの中に消えていった。
なかなかおもしれーなロシア人って、と思いながら、近くのコンビニに入る。
おばちゃんにお礼をいい、コンビニでライターとジュースを買い、寮へ帰る。
寮の前まできて、これから住む建物を見上げながら、タバコを吸う。黄昏れTIME。

部屋に戻って着替えていたら、激しくドアをノックされた。
開けたら、さっきの事務所のおっさん。
いや、ようく見ると女の子が一人。どうやら日本人っぽい。
軽く挨拶して、ルーム番号を聞く。あとで、訪ねよっと決め、シャワーを浴びる。
蛇口をひねると、茶色い水が出てきた。赤錆。
適当に流してたら、普通の水になった。
もうこんくらいじゃ動じないわ。

さっきの子の部屋にいき、ノック。
出てきた。どうやら静岡県立大学からきたらしい。
めっちゃ、心配してるみたいで不謹慎ながら少しウケた。
パスポートとか金とかズボンの中に入れてて、出すたびに、周りを伺い、うろたえる。
過ごしてて思うけど、別にここ平和だよ。
でも、パスポートとか結構見せないと行けない場面が多いから、俺はポケットに入れてるけど、
特に危険なことは未だない。
日本人の女の子って感じだなと思った。
別に馬鹿にしてる訳じゃないが、やっぱり不自然だと思う。
白タクも乗りたがらないし、メトロに乗るのも抵抗があったみたい。
何しにきたんだよって言いたくなったが、ここ最近は慣れてきたみたい。
ただこの前、皆で飯食いにいったら、彼女だけ頼みすぎて750ルーブル(2500円)も支払うことになった。
何度も計算し直してたけど、間違いない。なんで最初メニューで確認しなかったんだろ、、、
気がついたけど、彼女ド天然だ。
なかなかいいキャラしてるぜ。
ただ、天然の子って少し疲れる。
彼女との話をそこそこに切り上げ、部屋に戻った。

途中で事務所にいた3人のうちの1人、ドイツ人の、、、名前なんだっけ? に会う。
? 「大丈夫か?」
俺「うん、大丈夫大丈夫。ただ腹へって死にそう。朝飯とか明日どうしようかな。」
? 「え、朝飯ないの?やるよ」
俺「え、マジで。優しいな、お前。」
? 「まあね。」
琢也はパン、バナナ、チョコレートを入手した!

部屋に戻ってバナナを食いながら、「明日なにしよ、、、」と思ったけど、
「まあいいや。起きた時間に事務所行こ。」って感じで思考停止。
いろんな人にあったけど、どいつもこいつも優しいなー
聞いてた話と違うぜ。
俺もなんか提供できないかなと思い考えてみたけど、
PCの中のAVくらいしか思いつかなかったぜ。
Japanese porno movies
って言ったら皆くそ喜んでた。
、、、なんていい連中なんだ。寮生活楽しみだぜ!
就寝。

2日目に続く、、、
[PR]
by glbee | 2010-09-09 08:29 |

The first day in Russia (1)

ロシアに来てはや一週間。
ここまでの流れをたどりたいと思います。

<1日目>
成田で家族に別れを告げ、飛行機に乗り込んだ。
アップグレードを狙って、チケットをギリギリまでとらなかったが、
結局エコノミー。しかし、ビジネスクラスに一番近い席だった。笑
機内で、予備校のときの同級生を発見。
お互い顔見知りだが、あまり好きな奴じゃなかったからスルー。
ちなみに彼の愛称は、面タロー。
乗り込んだはいいものの、特にすることがなく爆睡。
映画は見れるものの、音声が壊れてて、ついてこない・・・
ロシア領域までは、1時間。しかし、モスクワまでは9時間。
広!
目覚めてからの最後の5時間は、耐えに耐えた。

着いて初っ端
とにかく大学に向かわなければ。
税関を出て、白タク(非公認タクシー)のオッちゃんに誘われる。
「早速、来たな」と思いつつ、ノリで大学まで頼む。
2000ルーブル、6000円くらい。これは安い。
オッちゃんに「ムギモ、ムギモ!」(大学の略名)と連呼し、乗り込んだ。

しかし、さすがモスクワ。
発車してから10分でいきなり渋滞。
そしてとにかく危ない。
3車線道路を4台並んで走る。
割り込みOK、信号無視若干OK、クラクション大歓迎
という状態で走ること1時間。
結構開けてきた。いい感じ。ビルばっか。つかマンション。
未だに一軒家は目撃していない。

オッちゃん渋滞にそうとうイラついている模様。
正直俺も、タバコを吸いたかったが、車内で吸うわけにいかないし・・・
オッちゃん何を思ったか、イコン(ギリシャ正教で用いられるキリストやマリアの肖像)を手にし、フロントガラスの前に配置。
その後もやたらと、イコンを手にし、その都度位置を変える。
・・・大丈夫か、コイツ?
と思ったが、まあいいや、と外を眺めること更に1時間。
着いた。
オッちゃん相当疲れてる。
思わず、チップ渡しちゃったよ。(チップという習慣はロシアにはあまりない)
瞬間、オッちゃん元気になる。
「オー、アリガトウ!」と日本語を使い、颯爽と消えていった。
都合のいいやつだな。笑

寮はなかなか、いい感じの建物。
なんか、有名らしい。そもそも大学がクソ有名。
長かった一日を思い、タバコを吸おうと思ったが、ライターがないことを発見。
重いため息とともに、エントランスに向かった。

一日目前半終了。
後半に続く。
[PR]
by glbee | 2010-09-09 04:10 |

おまた!

またせたな!
皆の衆(笑

今現在、友達のパソコンを使っているので、あまり長くは書けません。
ただ寒いです。笑
そして、酒とたばことガソリンが安い!
いい国だ。

と思いきや、
さっそく裏切られたぜ、こん畜生。
到着した当日、尞にたどり着いたものの、俺の部屋は全くと言っていいほど何もない状況だった。

無い物リスト
・冷蔵庫
・テレビ
・カーテン
・トイレットペーパー
・石鹸
・ゴミ箱
・電球
・インターネット設備
・ティッシュ

有る物リスト
・ベッド
・棚
・ハンガー
・照明(電球なし)
・シャワー(ひねると赤さびが・・・)
・トイレ

などなどです。
ちなみに他の人の部屋には冷蔵庫とかテレビとかありました。笑

あーなんて愉快な国だろうか。
トイレットペーパーくらい置いておいてもいいのにな~。

てなわけで、来週、ネットをつなげる予定。
そしたら、到着からの軌跡をたどりたいと思います。


皆様お元気でしょうか。
私は元気です。
これから暴れます!
[PR]
by glbee | 2010-09-05 01:30 |

・・・あれ

今日、車に乗ってる最中に、知らない番号からめっちゃ電話がかかってきた!


知っての通り、私の携帯は、現在反抗期に入っていて、
電話をしても、相手の声が全く聞こえない。
一時は、俺の精神疾患かと疑ったこともあったが、やはりスピーカーから音が出ないみたい。

それゆえ、電話にはあまり出ないことにしている。
もしくは、出ても、
「もしもし、この携帯壊れてて、そちらの声が聞こえないので、かけなおします。」
と宣言してから一方的に切る
という作戦をとっている。


さて、話をもどすと、今日かかってきた電話、どうやら学校からっぽい。
留学の話かなと思って、かけなおしてはみたが、全然つながらない。
ほうっておくことにして、帰宅。
その後、来たメールで驚いた。

どうやら、ロシアの入国許可がおりないらしい・・・笑
24日に行く予定なのに・・・
9月1日から授業なのに・・・

・・・続く
[PR]
by glbee | 2010-08-06 22:19 |


カテゴリ
全体
生活




未分類
以前の記事
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最後のロシア
at 2011-09-03 02:09
日本の形
at 2011-04-27 07:45
ピーバ
at 2011-04-19 06:11
ウォッカパーティー
at 2011-04-18 22:55
帰露
at 2011-02-16 17:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧