わたくし、これから暴れます。in Russia


ロシア留学生の日常
by glbee

カテゴリ:他( 19 )

日本の形

おもしろい動画を発見。

日本の形
「はし」

「謝罪」

「お茶」

「折り紙」

「寿司」


必見

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村
[PR]
by glbee | 2011-04-27 07:45 |

Google先生がひどすぎる件について

「タクヤ!」
ファルーグが部屋に来た。

というのも、ブログを読んだらしい。
でもなんか変だ・・・

フ「レズビアンカップルがアムステルダムでヘンリーとどうしたって!?」
とわけの分からんことをわめきだす。

俺「え・・・?俺ブログにそんなこと書いてないよ。何だそれ?」
フ「いや、お前のブログを見た。ちょっと見てみて。」

といって、google翻訳で英語に翻訳された俺のページを開いた。

・・・・ふむふむ。
コレは面白いじゃないか。


まず題名「久々に悶絶した。」が

"The lesbian couples in a long time"

と訳されているではないか。


更に、「カッケーなアイツ。」が

"Did that guy do ー. "

という思わせぶりな発言になっている。


そして、俺が悶絶したときの悶え「ぬ・・・い・・・」が

"on Amazon"

「ぬ・・・い・・・」は意訳で「アマゾンにて」になるらしい。


google先生の底力を感じた。
ファルーグには誤解を解いておいたから、安心されたし。

興味ある人はこちらから閲覧あれ。
"The lesbian couple for a long time"


ポチっとな
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村
[PR]
by glbee | 2010-11-12 23:07 |

もはや・・・

どのように形容すべきだろうか。
もはや、うざいというしかない。

こっちに来て早々、ロシア人の友達ユージンができた。
とにかく人懐っこい奴で、俺の部屋に来ては、ワインだの、クソ甘ったるいタルトだのを手土産に置いていく。
最初のうちこそ良かったものを、ここ最近は週4日きやがる。

しかもそのうち3日は、
「宿ってもいいですか?」
とわけの分からん日本語を使って、宿泊を要求する。

しかも、その都度、ブリンというクレープを作るといっては、
3時間かけてキッチンに立てこもり、俺の部屋に皆をよんで、
パーティーを開きやがる。

俺の部屋は、その都度お菓子のカスやら、ワインのビンやらで荒れきった惨状と化す。
嵐のような男だ。
オタクのくせしやがって。

しかも、これがいい奴だから、マジでむかつく。
「oh fuck!, чорт, カスは消えろ!」
と言ってやりたいが、じっとこらえる日々が続いている。

という今現在も、俺の後ろでゲラゲラ笑ってやがる。
今1時だぞ。
しかも俺はさっき起こされた。
「今日と明日、あなたのところ宿ります。」
とか宣言されたら・・・
もはや・・・
うざい。クソうぜーぞ、こいつ。

誰か、うざいという言葉以上に、俺のこの心に湧くどす黒い感情を形容してくれないか。
[PR]
by glbee | 2010-10-22 06:38 |

ことばとゆめとじぶん

他言語を勉強していると、しばしばパラダイムシフトが起こる。
ある日突然、テレビから流れてくる言葉が自分の中で意味を成したり、気がついたら人と何気なくコミュニケーションをとれていたり。

かく言う俺もこれを体験した。
1度目は6年前、アメリカで。


6年前の話をしよう。
6年前、俺は夢を見つけた。

アメリカはワシントン州のウィルトンという田舎町にホームステイした。
当時の俺は中3。
完了形を習ったか習ってないかで、使役動詞はおろか、仮定法、時制など全く知らない。
しかし、俺は英語には自信があったし、意気揚々と出発したのを覚えている。

到着して、初日ファームステイ先に滞在することに。
そこは、老夫婦が経営する農場で、養子をたくさんもらっていた。
みんな俺と同じくらいか、それより下か。
その中に、アレックスというタメの奴がいて、最初から何気なく一緒に行動するようになった。
しかし、最初は奴のいうことが全く分からなかった。

必死で伝えようとするアレックスを前に、俺は辞書を片手に一生懸命理解しようと試みたが、
次第にアレックスの顔がこわばり、困り果てていくのが手に取るように分かった。
こんなことも分からないの。
と言っているように。
俺はショックだった。

2日目、時差のせいで、早朝に起きた俺は外に出た。
アメリカの田舎の朝は、馬鹿にきれいだ。
眼下に林檎畑が広がり、遠くには小高い山々がそびえ立つ。
芝の青さと湖の群青色、そして空の透き通った水色。
その環境を静かに楽しむアレックスがいた。
農場の子供は早起きだ。朝飯までの時間、一人でギターを練習していた。
隣に座り、それを聞きながら、ぽちぽちと話し始める。
最初はgood morningから。
そのうち、アレックスは自分の気分、何が好きで、何をしたいかなんかを話し、
俺も似たようなことを話した。
ちぐはぐで、ぐちゃぐちゃの英語だけど一生懸命伝えた。今度は辞書なんかなしで。
何故か、アレックスの言っていること、言いたいことがすぐに分かった。

その日から、俺は英語を話せるようになった。

もちろん、分からない単語に遭遇したり、テレビをみてて分からないことがあったり
そんなことは当たり前のようにあった。
でも、その都度、その意味を聞き、理解し、学習できた。
英語を教科書や授業からじゃなく、生活から吸収していった。


あのときの高揚はたとえようもない。
それは、自分の可能性が開けた瞬間だ。
世界に驚き、言葉に驚き、自分に驚いた。

そして、留学したいという夢を抱いた。
世界を見たいとか、文化を感じたいとか、違う人間と触れ合いたいとか、
そんな明確なものが理由じゃない。
俺はただ単に、俺がもっと満足して生きていたいだけだ。
たくさんの感動を覚えて、多くの驚きをもらって、自分を誇れる人になりたい。
そう思った。


野望を抱いた14の頃。
6年経て、俺はその第一歩を踏み出しているのだと思う。
[PR]
by glbee | 2010-10-13 05:00 |

Henry

「ねえヘンリー、お前すごい痩せてんな。」

「・・・うん」


ってことで、毎日とは言わないまでも、体を鍛えることに。
つか、夜とか暇だから腕立てとかして、時間つぶす。

ヘンリー、すぐへたる

「ほれ、あと10回。」

「っあ゛~」

「がんばったね。しかし、あと20回。」

「っあ゛ぁ~~」


ヘンリーいじめるの、少し楽しい。
[PR]
by glbee | 2010-10-08 08:25 |

つくば

最後の挨拶に兄貴のところに行ってきました。

思い出せば、去年の3月(後期試験)から、ちょくちょく遊びにいっていたつくばだけど
これからは、兄貴も卒業してしまうし、縁遠い場所になってしまうだろう。

てなことを考えながら、120km/時で首都高をぶっ飛ばしながら、向った。
実はこの間、違反をして(シートベルトしてなかった・・・)減点が累計3点になってしまった。
故に、切羽詰りながら、恐る恐るスピードを出す感覚。
最高に神経つかれるぜ。
そして、スピッツを熱唱しながら、何とか乗り切ったぜ。

さて、そんなこんなで到着。
パンツ一丁の兄貴に出迎えられると、そのまま中華を食べに行きました。
うまい!うまい!と次々に出てくる皿をやっつけていくと、金額がなかなかのものになってしまった。
しかし、腐ってもMy brother。
そこはおごってくれた。
・・・申し訳ない。
まあ、食事中、彼女とデレデレしてた姿を見せびらかしてた罰かな。

その後、皆で飲みに行って、帰ってきたら12時。
兄貴のルームメイトたちと「カタン」とかいう謎のボードゲームに興じること、4時間。
・・・一向に、兄貴が帰ってこない。
ちなみに、飲み屋から出た後、彼は彼女を送るため別行動。
どこで、なにしてたんだろうね~?
結局、朝まで帰ってきませんでした。笑

少し、話がそれるけど、
大鹿家の男児は概してこういう傾向にあります。
付き合った女性に夢中になってしまうという性格。
特に、兄貴は何かと同伴する。
そして、俺は面食らう。
かつては、この状況が非常にいらだたしかった。
しかし、私もそういう傾向にあるということをこの数年で知りました。
それ故、今では弟の送り出し会で朝帰りをかます兄を愛らしくさえ思うわけで・・・
ええ、まあなので、うまくいくことばかりではないだろうが、幸せになって欲しいとささやかに願っています。

話を戻すと、朝帰りの兄貴に起こされて、飯を食いにいくことに。
俺の友達と3人で仲良くとんかつを食って、腹いっぱい。
兄貴に別れをつげ、友達に別れをつげ、さて帰ろうかなと車を走らせていたら、
ちょっとある人が気になって寄り道した。
俺のマーチを5万で売ってくれた人。
この人はなんと言えばいいか・・・とにかく超かっこいい。
ロシアに行くことを口にして、小一時間話し、店を後にしたんだけど、
俺のモチベーションの上がり様たるや・・・笑
帰りの車の中で、友達からもらったドビュッシーのCD第6曲目を聞きながら、(なんて曲だい?いいなあれ)
「俺はやってやるぞ。」とぶつぶつ言いつつ、コンビニで買ったポカリを一気飲み。
タバコを2本すって、常磐道、クーラーつけないでぶっ飛ばし、そのまま首都高、渋滞へ突入。
汗まみれになったところで、窓を開けるこの解放感!
みたいな事を繰り返していたら、
あれ、
・・・やべ、
トイレ行きたくなってきた・・・

遅々として進まない車の行列に貧乏ゆすりが激しさを増し、顔が険しさを帯びていく。
気を紛らわそうとつけたjwave。
丁度グルーブラインが始まったぜ!
笑いで何とか気を紛らわせつつ、減点3点、捨て身の嵐の車線変更。
・・・がんばること、2時間。
渋谷まで来た!
しかし、ここからまた慣例行事の東名渋滞。
ピストン西沢がmix machineをやり始めた。
ズッドズッドズッドズッド・・・と小刻みのビートにのせられるアンパンマンマーチ。
俺の鼓動も自然と早くなっていく。
では、前半部分だけ歌いましょう。

アンパンマンマーチ

「そうだ うれしいんだ
 生きる よろこびえ
 たとえ 胸の傷がいたんでも

 なんのために 生まれて
 なにをして 生きるのか
 こたえられない なんて
 そんなのは いやだ!

 今を生きる ことで
 熱い こころ 燃える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで 」

身にしみるわ~。
一週間後に留学を控えた大学生が、トイレを猛烈に我慢している状況でもっとも恐れるべきは、
この歌だな。

すいません、戻ります。
で、結局三茶であきらめて、高速を降りて、
「トイレはどこだー、トイレはねーがー」
と車内で叫びながら走らせること5分、
コンビニがあった!!
すぐに路駐して、駆けずりこんだ。

ふ~~~~~

アンパンマンマーチ口笛で吹きながら、軽くなった体で、車に戻りました。

そこからも、1時間かかって帰ってきたら、さすがに疲れてたのか、
爆睡してしまった。
足に力が入らん・・・

というわけで、最後は極めて下劣な話になってしまいましたが、
楽しい小旅行でした。
とりあえず、もらさなくてよかった。
皆、アンパンマンマーチなかなか深いよ。聞いてみ。

最後まで俺を楽しませてくれたつくばに感謝。
つくばの皆さんありがとうございました。
[PR]
by glbee | 2010-08-25 01:14 |

飲み会

だー!
頭いてー!

ということはなくとも、若干の記憶障害が出始めている昨今。

さっき友達からの電話で起こされた。
「もしもし、お前まさか、今起きたの・・・」
「ああ。・・・ごめん。」
というむなしい朝というか夕方から始まる毎日だが、
昨日は誰と飲みに行ったかということがすぐには思い出せないほど、
たくさんの飲み会とたくさんの杯を重ねている琢也くん。

金はアルコールに消え、アルコールはトイレに消える生活をおくって早一ヶ月が過ぎました。

そんなこんなで、
この一ヶ月でいろんな飲み会を知った。

古い顔を寄せ集めた馴れ合いの飲み会
酒の、酒による、酒のための飲み会
とにかく楽しもう!、空気嫁!的飲み会
若さと未来を祝う飲み会
お互いをさらけ出し、共有しあう飲み会

正直、前半戦は全然楽しめたものじゃなく、
後半戦はそれもふまえ、ひっそり飲むスタイルをとった。
そのおかげで、最近はいい飲み会ばかりだったと思う。
新しい考え方をもらったり、自分の士気が高まったり、もらうものが大きい飲み会。

でも今は、やっぱり所詮それは飲み会だと思う。

どんなにくだらない飲み会でも、そこから消えるストレスやらなあんやらがあるし、
どんなに有意義な飲み会も、酒による勢いなり、雰囲気なり、その場限りのものだったりする。
飲み故の楽しさってあるし、飲み故の刹那ってあるんじゃないかな。

本当は、
しらふで、真面目に話し、悩み、笑うほうがいいのかなと思う。


しかし、いやはや、ビールはうめーな。
特に、夕方のビール。
というわけで、飲みながら、しらふの良さについて語ってみました。

兄貴明日のレストラン期待してるから!
[PR]
by glbee | 2010-08-22 17:19 |

web漫画

面白いweb漫画に最近はまっております。

ここからcheck!
http://vip0nanzo.blog109.fc2.com/blog-entry-358.html

くだらないのも多いけど、読み始めたら、次の日になってることも・・・

おすすめの漫画はまた後日紹介します。
[PR]
by glbee | 2010-08-18 23:52 |

かなら

今日、デート(夕食だけだけど、俺はそう認識している。笑)
で、あざみ野の方のログハウス洋食店にいったんですが・・・
そこで、まさかの同級生に遭遇してしまいました。

予約していって、早めの夕食をとったんだが
食べ終わって、まったりしていると
隣の席の家族連れの中に見覚えのある顔を発見。

らなか、だった・・・

中学生みたいなやつが来たなーとは思っていたが、
まさか奴とは気づかず。

あれ?
と思ってからは、彼の声、仕草、顔が記憶とマッチして、いたたまれない気持ちになった。
あいつ本当に、高校、いや中学から変わってないな。

正直、俺は、らなか君苦手でした。

いや~。
気まずくなって、彼女に「隣のやつ、まさかの同級生だ・・・」
というメールを送り、苦笑いを交わした。
申し訳ないなと思いつつ、早めに店を後にして、彼女にごめんというと、
「嫌そうな顔してたもんね。(笑)」と言われた。
おそらく彼には気づかれずにすんだであろう。
ホッ・・・

いやはや偶然とは恐ろしいものよの。
とにもかくにも、楽しかったよ。
ラ・バンビーナおいしかった。
皆さんも行ってみて。
[PR]
by glbee | 2010-08-07 21:56 |

ぷーだい

今日、イギリスに留学する親友と会ってきやした。
で、久々にサレジオにいった。
何も変わってなかったなー

はぁ、
車運転するの疲れた・・・

両親が出張なのでこれから3日間、一人暮らし。
すこぶる怠惰な生活になること間違いなし!

とりあえずこれから飯を食います。
[PR]
by glbee | 2010-08-06 22:08 |


カテゴリ
全体
生活




未分類
以前の記事
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最後のロシア
at 2011-09-03 02:09
日本の形
at 2011-04-27 07:45
ピーバ
at 2011-04-19 06:11
ウォッカパーティー
at 2011-04-18 22:55
帰露
at 2011-02-16 17:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧