わたくし、これから暴れます。in Russia


ロシア留学生の日常
by glbee

<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

寒いから、おうちへ帰ろう。

絶賛引きこもり生活を1週間続けて、1月9日を迎えた。
先輩は単身ヨーロッパに旅に行き、友達は国に帰っていき、
俺は今ロシアの家庭にお邪魔している。
いわゆる、ホームステイというやつだ。

かねてから、ホームステイをしたいと思っていたが、
どうやってホームステイ先を見つければいいのか分からなかった。
そんな時、ユージンが寮に引っ越してきて、ちょくちょく一緒に部屋で飯を食うようになった。
俺「つかなんで引っ越してきたの?」
ユ「だって大学から遠いんだもん。家はモスクワだけどね。」
聞くと、バスを2つ乗りついで、片道1時間ちょい。
そんな遠くないじゃんと思うが、実際行ってみると、うなずいてしまう。
モスクワは渋滞が半端じゃない。
それに加えて、この特定の路線のバスだけやたらと数が少ない。
1時間に2回とか。

というわけで話してみた。
俺「あのさ、ホームステイしたいんだけど、お前のうちで。」
ユ「え?いいよいいよ!」
ホームステイすることになった!
そんなわけで、
モスクワの南に位置するチェルタノーフスカヤ通りに面するアパートに出向いたのは、
1月も10日過ぎた頃だった。

家族構成は、お父さんアンドレイ、お母さんサーシャ、弟セルゲイ、犬ウンカの3人+1匹。
扉を開けて出迎えてくれたのは、お母さんとセルゲイとウンカ。
お母さんはとてもいい人で会ってすぐに、「おなか空いてる?」とか「ここを本当の家だと思ってね。」とか言ってくれる。
そして、セルゲイは、はにかみつつも「プリヴェット!」と元気に挨拶してくる明るい子だ。
絵を描くことが好きな7歳のモスクワっ子だ。
ウンカはワンワンとうるさく吠えながら尻尾を振りまくって迎えてくれた。
とても温かい、いい家庭だ。

それからというもの、引きこもりだった俺は打って変わって活発な生活を送っている。
朝は、お母さんと一緒にご飯を食べ、ウンカと散歩。
その後、セルゲイを迎えに行って、彼と雪遊びして、飯を食う。
お母さんとのコーヒーブレイクの後は、ウンカと散歩、セルゲイを寝かせて、お父さんの帰りを待つ。
そんなほのぼのした日常だ。

しかし、驚くのはお母さんの優しさと行動力だ。
お母さんは俺がまだバレーや舞台などを見に行ったことがないと知ると、
早速電話して、チケットを取ってくれた。
かの有名な「白鳥の湖」だ。
お洒落をして、出かけ、シャンパンで乾杯した後、席に着く。
とてつもなく美しく、心地よいオーケストラの音楽と踊り。
すぐに魅了された。
それだけではない。
あるときは、セルゲイの学校に一緒に行き、絵を描いたり、
陶芸教室に行って、オリジナルの灰皿を作ったりもした。
お母さんの友達の誕生日会には3回も行った。
本当に優しく接してくれるお母さん。
出かけるときはマフラーを巻いてくれたり、疲れたときは温かい日本茶を入れてくれる。
そんなお母さんも、一つだけ気にすることは、俺がタバコを吸うことらしい。
吸うな!とは言わないものの、俺が吸うのを見て、「タバコは良くないわよ。」と諭すように言う。
実に、忍びないものだ。
・・・ごめんなさい。

セルゲイとは毎日のようによく遊び、よく話す。
俺に絵を書いてくれたり、散歩に行くよ!というと喜んでついてきてくれたりと本当にかわいい。
セルゲイと一緒に映画を見たり、チェスを教えたりするのが昨今の喜びでもある
今日は帰ってくると早速俺の部屋に来て、一緒に〇×ゲームをしながら、PCで絵を描いていた。
セ「スマトリー!(見て!)」
といって、見せられた絵には
「琢也、帰らないで!」と書いてあった。
グッ・・・心にミドルヒットするぜ。
もうすっかり、俺の弟のような気分になっている。というか半分父親みたいな。

かくいうお父さんであるが、仕事が忙しいようで毎日帰りが少し遅い。
顔を合わせて話しが出来るのは週末だけだ。
でも、お母さんに隠れて、こっそりタバコをくれたり、日本について興味深々に聞いてきたりする、とても親しげな優しい人だ。
それでいて、まさにヒーローとかボスって感じの身なりだから、かっこよくてしかたがない。

なんというか、心が洗われる毎日である。
俺のロシア感はかなり変わった。
ロシア人は温かい人間だ。
とにかく行く先々で、とても温かく迎え入れてもらえた。
ロシア人の人間性と日本人への興味がこういう形になって現れるのだろう。
まぁこのことについては、また詳しく書こうと思う。

とにかく、もうすぐお別れだけど、いい時間を過ごした。
ホームステイはいいものだな~とつくづく思う。
まぁ家庭の当たり外れはあるから、絶対にした方がいい!なんて言わないが。
俺はこれ以前にも3回ホームステイしてきたが、
もう、3回とも別れ際は必ず泣いていたな。(笑)
さすがにもう二十歳だし、しないと思うが・・・いや、どうだろうか・・・。
しかし、こんなにも優しい人間に囲まれて思うわけだが、
俺もこんな優しい人間になりたいばかりである。

極寒のロシアで温かいものをもらいました。



あ、今週末帰ります。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村
[PR]
by glbee | 2011-01-19 04:52 |

ことよろ。

さて、もう新年ムードは抜けて、学校、会社ともに始業する頃でしょう。
俺はというものの、プリングルスを食いながらタバコをふかし、寝て食ってクソして寝るという生活。

つまらん・・・。
実につまらん。

しかし、まぁこんなもんです。
来週にはホームステイに行くので少しは、刺激されるかも。
というわけで今年もよろしくお願いします。
unhappy new year 第2弾行くぜ!

商社マンに別れを告げ、パーティーを後にした俺と先輩。
外に出ると、パンッパンッ!
と、発砲音が聞こえる。
何事かと思ったが、空を見上げると花火が炸裂していた。
モスクワでは何かと花火が上がる。
多分安く買えるんだろう。
休日になると、あちこちから打ち上げ花火があがる。
線香花火みたいに、みみっちくやってる連中はいない。
花火は打ち上げてなんぼらしい。
しかし、通りはもはや銃撃戦の様相を呈している。
パン、パン、うるさいにもほどがある。

それに加えて、道はアイスバーン化していて、滑る滑る。
簡単につるっと行くから油断して歩けない。
こうなったらほふく前進あるのみだ。
まあ、そんなことはしないが、とにかく早くタクシーを見つけて帰るだけだ。

道で拾ったタクシーに乗り込み、寮まで向かう。
途中クラブ街に差し掛かったが、あまりの人の多さで渋滞。
やはりクラブなんか行かなくてよかったなと思う。
しかし、寮に帰っても門限はとっくに過ぎてる。
入れてもらえるのか?と一抹の不安を覚えた。
「先輩あの手使っちゃいますか?」
「まぁ仕方ないよな。俺の部屋から入ろう。」

先輩の部屋の窓は第2の玄関として活用されている。
昔先輩と夜遊びして帰ってきたときも、そこから入り、帰ってきた。
その時、コーリャが
「忍者だ!忍者!」
と言っていたのは、今思えばごく自然なことだ。
というのも、その窓は地上から4メートルの高さにあり、自力で入るには、
エントランスの屋根に登り、隣の部屋の窓のサッシをつたって、たどり着かなくてはいけない。
結構デンジャラス。初めて使ったときは、これ無理だろ・・・と思った。
しかし、それでも夜遊び好きな連中は後を絶たない。
夜中にその窓に石ころを投げては、必死で侵入してくるやつも多い。

そんなことを思い返しながら、タクシーから降り、寮にたどり着く。
一応ダメ押しで、エントランスのブザーを押してみるが、誰も出てこない。
念のためファルーグに電話する。
「ファルーグ、ごめん。今帰ってきたんだけど、先輩の部屋に来て、窓開けてくれない?」
「いいよ。待ってて。」
ということで、俺たちもそこまで向かう。
雪が積もり積もっていて、途中足を取られるも、何とか部屋の前まで来た。
「ハーイ!あけましておめでとう。」
ファルーグが現れる。
しかし、やはり高いな・・・
見上げるファルーグの顔が随分と高い位置にある。
とりあえず、いつも通り、エントランスの屋根に登ろうということで、
まず、低い塀に登るが、そこがまずアイスバーン化していてつるつる滑る。
そして屋根には高く積もった雪。
登ろうとするも、それに滑って登れない。
たしか、以前は手掛かりに出来るようなものがあったが、それも雪の中だ。
このままだと落ちかねないので諦め、別の作戦を考えた。

もっと先に行ったところに、更に低い塀がある。
そこをたどって行くと、まず一つ目の部屋のサッシに行ける。
先輩の部屋は7つ目だ。
何とかカニ歩きを駆使して行こうとする。
まず、1つ目の部屋にたどり着くまでが大変だ。
足場はわずか20センチくらいの幅しかなく、更に下は地下1階からの吹き抜け構造になっていて、
6メートルはある。
落ちたらただ事では済まされないだろう。
しかもそこも滑る滑る。
もう、死と直面する状態で、必死のカニ歩き。
ようやく1つ目の部屋までたどり着く。

その後窓のサッシづたいに行くわけだが、そこが雪雪雪。
滑りまくってしょうがない。
もはや4足歩行で慎重に向かう。
2つ目の部屋まで行ったところで、そこの部屋の住人が部屋の窓を閉めようとしていた。
こっちには気がつかなかったが、俺はビビりまくり。
女の子だったから、俺のことを見たら発狂するだろう。
しかし発狂された俺もそれに反応して落ちるわけに行かない。
ここは、バレずに行くしかない!
そう思ったその瞬間だった。
右手を伸ばした先の雪の土台がそのまま崩れ落ち、俺はバランスを崩した。
そのまま、落下。
落ちる!と思った瞬間、「死ぬ。」。そう思った。
ドサっと落ちて、まず先輩の声が聞こえる。
「えっ、マジで!?大丈夫!?」
しかし、ショックで声が出ない。
とりあえず、立ち上がる。どこも痛いところがない。
雪がクッションになってくれたのだ。
「大丈夫です。どこも怪我してません。死ぬかと思いましたよ。」
それを聞いて先輩も、そこは諦めジャンプしてくる。
そんな時ファルーグが窓から呼びかけてきた。

「これを使って登って来い。」
窓からたらされたタオル。
ロープ代わりだろう。とても長いとはいえない。
が、行くしかない。
4メートルって、かなり高い。タオルをつたって登るのがその分しんどいわけだ。
しかし、こういうときこそ、日ごろの懸垂で鍛えた俺の実力が発揮される。
がんばって登っていく。
そして、あと1メートルのところまで来た。
見上げると、ファルーグの顔が険しい。いや、かなり険しい。
ちょい大丈夫か?ファルーグ・・・と思った矢先。
ファルーグの手からするりと抜けるタオル。
そのまま落ちる俺。
ドサッ。
また落ちました。
しかも今度は背中から、まともに落ちたから結構痛い。
しかし、あのシーン、スローモーションだったな。
多分ファルーグの視点から見てたら、ダイハードの最後のシーン、
ジョンマクレーンが敵のボスをビルの最上階から落とすシーンそのままだっただろう。
そして、ポンっとまたタオルが降りてきた。
ファルーグ「もう一回来い。」
・・・冗談きついよ。泣

なので、次は先輩に譲ってみる。
「先輩の方が軽いでしょうから、先に行ってください。」
「いや、琢也が行って。」
「・・・はい。(泣)」
覚悟を決めた。
腹に力を入れ、再び登り始める。
しかし、今度は先輩がしたから押し上げてくれたから登りやすい。
必死の思いで、何とか登りきった!
その後、先輩を引き上げ、意気の上がった3人で笑い合う。
とにかく、ファルーグに感謝のハグをし、お互いの健闘をたたえあった。

その後ファルーグから聞いたが、
エントランスにいる人間は今、控え室にこもって職員の人たちと飲んでいるとのこと。
通りでエントランスには誰もいなかったわけだ。
俺の部屋に帰る途中も、ゲラゲラ笑ってる声が聞こえて、酔っ払ってることが一発で分かった。
俺はというものの、部屋に帰ってきてから吸ったタバコがうまくて涙が出そうになった。
そして、タバコを持つ手が震えていた。
家に帰るのに死線を潜り抜けるなんて経験を新年に迎えるなんて・・・
ロシアはなんと恐ろしい国だ!
と俺の指が小刻みに訴えていた。笑

それからというもの、4日たったが、今現在、絶賛引きこもり中!である。

あ、買い溜めしといた、林檎ジュースがなくなっちゃった。
どうしよ・・・買いに行かなきゃ・・・
つづく・・・(笑)


今年もポチッとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村
[PR]
by glbee | 2011-01-06 11:37 | 生活

あけまして。

あけまして、おめでとうございます。

今年は行く年来る年見たかったんだけれど残念だ。
モスクワは微妙に寒い気候で、-10度くらい。
俺は新年を友達の家で過ごし、元旦は部屋で「僕の生きる道」を見ながら号泣していた。
しかし、まぁ、ひどい年越しだった。笑

新年早々申し訳ないが、
俺のunhappy new year!を聞いてくれ。

友達に招待されて行ったマンション。
なかなか豪華な部屋で、駅からも近い。
実はこの人、日本人の商社マンで、今同じ大学で勉強している。
中には、15人くらい、日本人、韓国人、ロシア人、イタリア人、その他いろいろな人間が混在していて、
一緒に正月を迎えようということで、シャンパンを片手に談笑する。

ロシアの正月は、これでもかというほど物悲しい。
というのも寒くて、天気が鬱々としていて、とても外に出る気分にはなれない。
要するに友達と飲むしか、残された道はないのだ。
とはいうものの、時すでに遅し。
寮の中は、クリスマス前から空っぽ。
皆、故郷か別の国にとっくに、逃げてしまった。
残された俺と先輩(寮内の唯一の日本人)は、夜な夜な集っては、ビールを飲み飯を食う。
逃げ遅れたもの同士寂しく正月を迎えようかと思っていたところに、
商社マンから招待いただいたわけである。
いかないはずがない。後先考えずに、寮を飛び出した。
後から考えればこれがまずかったのだが・・・それを目の当たりにするのはまだ先のことである。

しかし、パーティーというのはいささか苦手だ。
知らないもの同士話せ!
と言われたって、なかなか難しい。
そもそも言葉の壁があるのだから、話すことは限られている。
何をしてるのか?
どこから来たのか?
モスクワは好きか?
興味もないことを永遠と聞いて、話す作業。
こういうのを楽しめる人ももちろんいるんだろう。
けれど、俺はやっぱり酒は腹割って話を出来る人間と飲みたいな。

そんなこんなで、ダラダラと時間をつぶし、ようやく新年を迎えた。
с новыйм годом!!! 新年を!
と乾杯し合う。
と、さっきまで話してた女の子が近寄ってきて
新年おめでとう。
と言いキスしてきた。
すげーこれがロシア流か!と思った。
2012年には、これがロシア流だと言いながら、キス魔になろうと決心した。

そんなこんなでほろ酔いになり、夜も深まってきたところで
そのこから皆でクラブに行こうと誘われたが、やんわりと断った。
新年のクラブなんて、入れたもんじゃない。
どうせ、行ったはいいものの門前払いされる。
それよりも、心配なのは商社マンの方だ。

昼から飲んでると言ってた彼は、
さっきから酔って、ただのエロ親父と化していた。
でも、さすがに疲れてきた様子で、もうパーティーはお開きにしたがってるようなのだが、
皆、空気が読めない。
神がかって空気が読めない。
ロシア人はダンスしてるし(ロシア人はもともと空気が読めない。)
韓国人は寝たり、話したり、いちゃいちゃしてたり。
クラブに行こう!と言われても、
クラブは嫌いだから、行きたくない。でも寮はもう閉まってて、帰れない。
とか言い出すアホもいる。
まぁそういう俺らも寮は閉まってるんだけど。

ここは俺らが打破しないとダメだ
ってことで、片づけを手伝って、お邪魔しましたーと挨拶をし、扉に向かった。
帰り際に、どこに帰るの?と韓国人が聞く。
「寮だよ。」と言うと、
「なんだ、アパートじゃないんだ。」
・・・全くこいつら、どういう教育受けてきたんだ。
自分の穴もまともに拭けないアホ共ばかりだ。
これはどこの国に言っても、仕方ないのだろう。

スタスタとタクシーを使い帰る。
しかし、一抹の不安が頭をよぎる。
俺らも人のことを言える状況じゃない。
エントランスは12時に閉まってるし、守衛も今日ばかりは開けてくれないだろうと思った。
前日も、朝帰りだった俺らは無理いってエントランスを開けてもらったのだ。
だからといって諦める俺らではない。

実は、
先輩の部屋の窓から入り混むという作戦があるのだ。
ちなみに、先輩の部屋は1階だが地面から3mの高さがある。
スパイダーマン並みによじ登らないといけない難所だった。
まぁ前例があるので今回も大丈夫だろうくらいに思っていた。
命を危険にさらすことになるとは露知らず。

・・・続く


1人4回押そう。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村
[PR]
by glbee | 2011-01-02 11:45 | 生活


カテゴリ
全体
生活




未分類
以前の記事
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最後のロシア
at 2011-09-03 02:09
日本の形
at 2011-04-27 07:45
ピーバ
at 2011-04-19 06:11
ウォッカパーティー
at 2011-04-18 22:55
帰露
at 2011-02-16 17:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧